ToDoとは

 
 
 
 
 
 

ToDo とはタスクとも呼ばれ「やるべき仕事」のこと

諸説あり、直訳すると 「すること」 ですが、ビジネスにおいては=仕事と考えて良いと思います。

ToDoについて定義したサイト

やらなければいけないこと、忘れてはいけないことなどを一覧化したリスト。ローマ字読みで「とど」と呼ばれることも。
スケジュールとは異なり時間を設定せず、単に備忘録のように用いられる。

はてなキーワード」(2016年6月1日現在)

ToDo とは 英語の to do (トゥー ドゥー)、直訳すると 「すること」 です。ここから転じて、「するべきこと」 という意味になりました。ToDo は、明確な締切りや期日があるスケジュールとは異なり、ある一定の期間内に 「するべきこと」 です。

ToDo で上手くいく仕事術」(2016年6月1日現在)

ToDoはたいていリスト形式なのでToDoリストとも呼ばれます

トゥドゥ‐リスト(to do list) 現在するべきことを書き出したもの

コトバンク」(2016年6月1日現在)

ToDo管理のコツはいろいろあります

必要に応じて、1日の終わりに明日やりたいことを簡単に見積もっておくといいです。明日やるべきことをToDoリストの上に入れて、翌日には間違いなくその項目がチェックオフされているようにしましょう。あまり自分に負荷をかけ過ぎないようにしつつ(新しいタスクというのは不意に現れるものです)、ToDoリストに長く居座っている項目がないかをチェックしましょう。やむを得ない場合は、週の終わりにその項目を削除して、ToDoリストが常に整理される状態を保つようにやり直しましょう。

「ToDoリストさえ使っていれば、どんな仕事も締め切り通りに仕上がる」と言うのなら、それはすばらしいことですが、実際はそう簡単にいきません。ワークフローが望み通りの効果を発揮するには、しっかり手間をかけ、合理的にまとめたToDoリストが必要です。ラッキーなことにToDoリストマネージャーを確実に使いこなすのは、それほど難しいことではありません。「ほんの少し計画する」「達成したいことを明確にする」「他人が思いついた名案を柔軟に取り入れる」この3つさえできれば十分です。

ToDoリストの管理がうまくなる7つのコツ」(2016年6月1日現在)

週末になったら、風呂やトイレ掃除や洗濯など、溜まっていたたくさんのことをやろうと考えていたのに、週末が実際に終わってみたらほとんど何もしていなかった、ということはありませんか。
To-Doリストを見ながらなんとかやる気を出そうと頑張っている人は、やり方が間違っているのかもしれません。物事を達成するには、どうしたらいいのでしょうか。私たちはその答えを、ちょっと意外な人たちに求めてみました。最高経営責任者(CEO)や創設者や起業家たちです。複雑な組織を運営できる人にとっては、いつもなかなかきれいにならない部屋など、ごく小さく簡単なことでしょうから。
彼らは、ToDoリストの使い方をマスターし、ToDoリストによって毎日の行動が問題なく導かれているのに違いありません。

成功者に学ぶ「ToDoリスト攻略法」」(2016年6月1日現在)

Gmailでも簡単なToDo管理ができます

Google ToDo リストを使うと予定を効率的にこなすことができます。

Google ToDo リスト」(2016年10月1日現在)

新たな仕事やスケジュールがメールで送られてくる事がありますが[ToDo リスト]で整理すれば仕事を円滑に進められます。Gmail の ToDo リストは期限とメモを書き込むシンプルなものです。

ToDo リストを使用し備忘録として活用」(2016年10月1日現在)

ToDo リストは Gmail の画面上から手軽に利用できますが、Gmail の画面を広く使いたい場合や、多くのリストを素早く切り替えて使いたい場合など、ToDo リストを単体で画面表示することができます。

ToDo リストを単体で画面表示する」(2016年10月1日現在)

ToDoを使うか、使わないか

ToDoを使わずに仕事ができるなら、メモする手間が省けて良いのでしょうが、仕事が多すぎて頭では管理できない状態なら、ToDoを使わざるを得ません。
ToDo使わないけど仕事を失念しない優秀な人ばかりではありません。もしチーム内にToDoを使わないといけないのに使えない人がいるなら、その優秀な人も迷惑していることでしょう。